いいコト! ~見たい 知りたい 出かけたい~

いいコト!  ~見たい 知りたい 出かけたい~

BACKNUMBER 放送内容

無題

”冬の湯巡り” 花巻の陣!!

まだまだ寒い日々が続く今日この頃。

今回は県内有数の温泉地でもある花巻に注目し、

湯巡りをご紹介します!

 

 

◆藤助屋旅館◆

無題

無題

まだまだ寒い日々が続く今日この頃。

今回は冷えた体を温めるため、花巻市は台温泉にやってきました!

この台温泉には、”日帰り入浴map”というものが発行されており、

温泉街の入浴施設が一目でわかるようになっているんです!

そこで今回は、マップを片手に突撃湯巡りをしました!

 

まず初めに訪れたのは、「藤助屋旅館」

撮影の許可を頂き早速冷えた体を温めることに!

ここ藤助屋旅館のお風呂は、

温度の違う2つのお湯を混ぜているのが特徴だそうです!

熱いお湯は冷えた体に最高のごちそうでした!

 

藤助屋旅館は女将さんが一人で切り盛りしているお宿で、

アットホームな雰囲気。

体と共に心まで温めてくれます!

 

 

◆観光荘◆

無題

無題

続いてやってきたのは、「観光荘」というお宿。

こちらも許可をいただき、

自慢のお湯へ案内していただきました。

 

ここ「観光荘」では、

4つの源泉からお湯を引いているため湯量が豊富。

それぞれ温度が違い、

熱いものもあれば、適温のものもあるんです!

 

今回は、特に自慢のお風呂だという

”檜風呂”にはいってみることに。

こちらのお風呂、外の景色を楽しみながら

冷えた体を温めてくれます!

綺麗な青空に、いい光が入ってきて

とってもくつろぐことができました!

 

さらにここ観光荘では、貸切の露天風呂

日帰りで利用することができるんです!

台温泉の景色を独り占めできるのはとっても贅沢です!

 

 

◆ホテル三右エ門◆

無題

無題

続いてやってきたのは、内湯と露天を日帰りで

楽しむことができる「ホテル三右エ門」

広々とした内湯と露天が繋がっているので、

気軽に両方のお湯を楽しめるんです!

 

内湯は3つのお風呂があるため、

自分好みのお湯を満喫することができます!

温度が比較的ぬるめの”ぬる湯”は、

長湯してものぼせにくく、とてもリラックスできます!

冷えた体を温めたい方は、”あつ湯”へ!

そして、寝転びながらつかれる”寝湯”もありますよ!

 

露天風呂では、

時々冷たいいい風が吹いて、

それがまた浸かっていると

とても気持ちよかったです!

 

 

◆松田屋旅館◆

無題

無題

続いてやってきたのは、

台温泉で人気のお宿「松田屋旅館」

こちらにはいくつかお風呂があるのですが、

中でも評判なのが露天風呂!

実はこれ、台温泉エリアで最も広い露天風呂なんだそうです。

取材にも快くOKしていただき、いざ露天へ!

 

…と思ったのですが、こんな情報が。

”台温泉フォトコンテスト”というものをやっていたんです!

台温泉で撮影した人物や風景の写真にハッシュタグを付けて

インスタ・フェイスブック・ツイッターのどれかで投稿。

誰でも参加可能で、グランプリに輝くと

お食事つきの日帰り入浴券がゲットできちゃそうんです!

 

ということで、中尾さんも挑戦することに!

自撮り棒を使って、いい写真が撮れました!

 

お湯もとても気持ちよかったので

ぜひ足を運んでみて下さい!

そして台温泉フォトコンテストにも参加してみて下さい!

 

 

 

◆大沢温泉 湯治屋◆

無題

無題

さあさあ、中尾さんは台温泉を堪能してきましたが、

神賀さんは「大沢温泉」を湯めぐりしてきましたよ!

 

花巻市の中でも人気の温泉地、大沢温泉

ここは1200年の歴史を誇り、3つのエリアで

お湯を楽しむことができるんです!

そこで今回は「湯治屋」を中心に湯めぐりを楽しむことに!

湯治屋は築200年以上前の大沢温泉で、

最も歴史のある建物なんです!

 

まずは、”混浴大露天風呂「大沢の湯」”へ。

こちらは大沢温泉の顔とも呼べるお風呂。

ひろびろとしたお風呂で、

景色を楽しみながらお湯を堪能できます!

冬のこの時期は、雪景色がとても綺麗ですよ!

 

そして、混浴がちょっと苦手な女性の方には、

「かわべの湯」がオススメ。

こちらも豊沢川のせせらぎを感じながら、

ゆったりとお湯を満喫することができます。

 

 

続いては、湯治をする常連客に

人気があるという「薬師の湯」へ。

雪景色を観ながら、蒸気が漂う内湯で

じっくりと味わいたくなるお湯でした。

 

また、湯治屋に隣接するお宿「山水閣」にも日帰り

入浴を楽しめるお風呂が。

中でも「豊沢の湯」は、大きな窓から景色が楽しめ、

春から夏にかけては半露天に。

自然とともに自慢のお湯が楽しめます。

 

 

自然と歴史を肌で感じる、風情の湯めぐり。

趣の違ったお風呂で、自分好みのお湯を

見つけてみてはいかがですか?