IAT特別番組

IAT特別番組

新・にほん風景遺産 啄木が愛した盛岡・函館 街の風景

2016年8月15日(月)午後3:55~放送

 

不来方のお城の草に寝ころびて

空に吸はれし

十五の心

 

青春のみずみずしさを歌い上げた
短歌、三行書き、独特の表現法。
明治の歌人、詩人 石川啄木の代表作です。

 

歌の舞台は盛岡。
かつて「不来方」と呼ばれた、
この街が啄木のふるさと。
啄木は、盛岡を「美しい追憶の都」と呼び、
洋館立ち並ぶ、モダンな風景を愛しました。
盛岡は水の都でもあります。
都市の真ん中にサケが上る清き流れ。
南部藩20万石の城下町。
今も独特の文化が残ります。

 

故郷から逃げるように漂泊しながら
望郷の歌を詠んだ啄木。
2016年は啄木生誕130年。
再び注目を集めています。

 

旅は3月に開業した北海道新幹線で函館へ。
函館もまた、啄木が愛した街。
ここで啄木の代表作が生まれたといいます

 

東海の小島の磯の白砂に

われ泣きぬれて

蟹とたはむる

 

旅人は作家、島田雅彦さん。
盛岡、函館。
啄木が愛した美しき街の風景を旅します。

 

岩手銀行赤レンガ館

岩手銀行赤レンガ館

旧渋民尋常高等小学校

旧渋民尋常高等小学校

函館から津軽海峡を望む

函館から津軽海峡を望む

 

 

【出演者】
<旅人>島田雅彦
<ナレーション>下平さやか(テレビ朝日アナウンサー)

【ディレクター】鹿野純之介

【プロデューサー】遠藤行泰・小倉美明・佐々木 貴

【制作・著作】 ビーエス朝日 岩手朝日テレビ

BACKNUMBER / 放送内容