IAT特別番組

IAT特別番組

涼海(すずみ)の丘から~野田村・山葡萄と生きる~
2017年2月25日 午後1時~午後1時55分

suzumi1
沿岸北部の野田村。東日本大震災、そして2016年の台風10号で大きな被害を受けました。
野田村に住む人々は、幾多の災害があっても、力強く前へ進んでいます。

 

suzumi2
2016年10月。野田村の小高い丘に大勢の人が集まりました。
「醸造開始式」。これは、野田村に新しく誕生した「涼海の丘ワイナリー」の記念すべき日。
野田村の特産「山葡萄」を使って、野田村でワインを作ろうという
「ワインプロジェクト」のスタートです。

 

suzumi3
野田村は山葡萄の生産が岩手県内で第2位。およそ11ヘクタールで栽培されています。
山葡萄はそのまま食べるよりも加工されることが多いのですが、
野田村はその加工を近隣の施設へ委託していました。
こうした中、地元の復旧・復興の希望として
「地元産の山葡萄を地元でワインに」というワインプロジェクトが始まったのです。

 

suzumi5
野田村出身のワインソムリエ坂下誠さん。飲食業界でソムリエとしてのキャリアを重ね、
現在は、県内で数人しかいない「シニアソムリエ」の資格を持っています。
醸造責任者として、ワイン醸造に取り組むことになりました。

 

suzumi4
スタッフ3人で始まった、初めてのワインの仕込みをカメラが追いました。
山葡萄農家に頼んで集まった初めての仕込みは2トンの山葡萄。
ここから、野田村の希望となるワイン作りがスタート。

 

suzumi9
ワイン作りを支えてくれる人々も多くいました。
坂下さんが師匠と仰ぐ、岡山県真庭市の「ひるぜんワイナリー」の工場長、本守一生さん。

 

suzumi8
ひるぜんワイナリーでも山葡萄を中心のワイン醸造をしています。
経験者の貴重なアドバイスを聞きながら、ワイン作りが進みます。

 

suzumi7
地元のワインには、地元の食材を。

 

suzumi6
野田村に2016年3月にオープンした、
本格イタリアン「オステリア・バイゲツ」の小野寺智子さん。
野田村を代表する「荒海ホタテ」や、「福来(ふく)豚」を使ったメニューを考案。
坂下さんとも語り合い、ワインと地元食材を結びつける役割を果たしてくれます。

 

suzumi10
野田村の多くの人々が支え、まもなく「野田村による野田村のワイン」がデビュー。
IATのカメラが追った、涼海の丘ワイナリーの5カ月をお伝えします。

 

【企画】田村道代

【ナレーション】高野恵理

【ディレクター】川村尚人

【プロデューサー】伊波伴准