NEWS / 県内ニュース

高田東中学校 カキ収穫祭

陸前高田市の中学生が、カキの養殖体験を通して漁業の素晴らしさと自然の恵みのありがたさを学びました。
高田東中学校の生徒は地元産業への関心を高めるため、毎年、総合学習の一環として、カキの養殖体験に取り組んでいます。
けさは2年生の65人が、海上で養殖施設から水揚げする様子を見学したほか、陸上ではロープにぎっしりついたカキを一個ずつ分ける作業を体験しました。
この後、生徒たちは地元の漁業者から指導を受けながら慎重に殻むき作業をしました。
きょうの体験学習に使われたのは去年5月に自分たちで種巻きをし管理してきたカキということで、生徒たちは思いを込めながら一つ一つの作業を行っていました。
体験学習の最後には、カキの蒸し焼きやお吸い物などが振る舞われ、生徒たちは笑顔で自然の恵みを堪能していました。