NEWS / 県内ニュース

盛岡八幡宮例大祭 献茶祭

あすから始まる盛岡秋まつりを前に、一足早く山車の運行が始まりました。あすからの祭り本番を前にきょうから山車の運行が始まり、このうち八幡町の「い組」では高さおよそ5メートルの山車を200人ほどで引っ張り、お祭りムードを盛り上げました。「い組」の山車は曽我兄弟が父親の仇討ちをして無念を晴らす「夜討曽我物語」の場面をイメージしています。また、盛岡八幡宮ではきょうから例大祭が行われていて、行事の一つである献茶祭には表千家同門会(おもてせんけ・どうもんかい)岩手県支部の会員らが集まり、神前に茶を奉納しました。盛岡秋まつりは14日から3日間開かれ、8台の山車が一堂に集まる八幡下りパレードや流鏑馬などが行われます。