NEWS / 県内ニュース

5月23日は難病の日・啓発活動

5月23日は「難病の日」です。

これに合わせ矢巾町で啓発活動が行われました。

活動をしたのは難病患者の家族や支援者で構成される県難病・疾病団体連絡協議会です。

「難病の日」は医療費が助成される難病の種類を増やす法律が5年前の5月23日に成立したことを受けて定められました。

23日は協議会のメンバーがチラシが入ったティッシュを配り、難病への理解を呼びかけました。

現在、助成対象の難病は331あります。

中には見た目では病気と分からないため、日常で配慮されない人も多いということです。