NEWS / 県内ニュース

幼稚園児が鯉の稚魚を放流

盛岡市内の幼稚園児が、鯉の稚魚の放流を通して地元の自然や命を守る大切さを学びました。

放流会に参加したのは、盛岡大学付属厨川幼稚園の年長組20人で、県営運動公園の中にある日本庭園の池に、錦鯉の稚魚など12匹を放流しました。

その後、餌やりをした子どもたちは、鯉の成長を楽しみにしているようでした。

放流された鯉は、池の中で数年かけて成長するそうです。