NEWS / 県内ニュース

震災後初・広田海水浴場の海開き

陸前高田市で、震災のあと初めてとなる海開きがあり海水浴客が久しぶりの海を楽しみました。

8年ぶりの海開きを迎えたのは、陸前高田市大野海岸の広田海水浴場です。

安全祈願祭には戸羽太市長をはじめ観光物産協会の関係者など約20人が参加し、海水浴シーズンの安全を祈りました。

震災で大きな被害を受けた大野海岸は、防潮堤の整備が終わり海底のがれきも撤去され、今シーズンからようやく泳ぐことが出来るようになりました。

梅雨明けのまぶしい日差しのもと、大勢の人がエメラルドグリーンに輝く海で久しぶりの海水浴を楽しんでいました。

陸前高田市の広田海水浴場は8月19日まで遊泳が可能です。