テレメンタリー

テレメンタリー

テレメンタリー2022「〝3.11〟を忘れない88 どうする、大槌」

テレメンタリー2022「〝3.11〟を忘れない88 どうする、大槌」

放送

2022年3月15日(火)深夜1:50~
2022年3月18日(金)午後1:54~(再)

 

岩手県大槌町で、ある空き地をめぐり町が揺れている。かつて町役場があり、多くの職員が津波の犠牲になった場所をどう使うのか?伝承か、慰霊か。選択の行方を見つめる。

 

▽概要

東日本大震災で住民の8%が犠牲になった岩手県大槌町。ある”空き地”をめぐり町が揺れている。小さな献花台と地蔵がひっそりと建ち、あとは一面の青々としたクローバー。ここにはかつて町役場があり、多くの職員が津波の犠牲になった。

 

 

この場所をどうするか、震災から10年が過ぎ住民レベルの議論がようやく始まった。伝承か、慰霊か。遺族間でも意見は分かれている。町内には悲劇を伝える震災遺構が何もない。あの震災をどのように未来に伝えていくのか。大槌町の選択の行方を見つめる。

 

ナレーター
金子ノブアキ

制作:岩手朝日テレビ
プロデューサー 吉田幸弘
ディレクター  岸英利

 

LINK テレメンタリー2022ホームページ
https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/

BACK NUMBER 放送内容