NEWS / 県内ニュース

台風接近へ大雨・暴風に厳重警戒

県内は沿岸部を中心に22日夜から雨が降り始め、23日午後6時現在、宮古地域に大雨警報が出されています。

県内では、24から25日にかけて台風12号と秋雨前線による大雨や暴風に厳重に警戒が必要です。

県内は湿った空気の影響で22日夜から断続的に雨が降り続き、降り始めから23日午後5時半までの雨量は、釜石で110ミリ、宮古で108.5ミリなどとなっています。

沿岸部に出されていた土砂災害警戒情報は全て解除されましたが、雨は県の南部を中心に断続的に降っていて、23日午後6時現在、宮古地域には大雨警報が出されています。

県内では24日から25日にかけて秋雨前線の影響を受けるほか、台風12号が最も接近する見込みで、大雨や暴風に厳重に警戒が必要です。

民間の気象情報会社ウェザーニューズによりますと、25日午後9時までに予想される48時間降水量は多い所で150ミリから200ミリとなっています。

特に沿岸北部で雨が強まる見込みで、土砂災害や河川の増水などに十分に警戒が必要です。