NEWS / 県内ニュース

交通安全ぴよぴよキャラバン IATを訪問

あすから始まる秋の全国交通安全運動を前に、矢巾町の園児が岩手朝日テレビを訪れ

、交通安全を呼びかけました。


矢巾町のふどうこども園では毎年、園児が交通安全ピヨピヨキャラバン隊を結成し、町役場や小学校などを訪問しています。


きょうは年長組の園児27人が岩手朝日テレビを訪れ、「交通ルールを守って安全運転をしましょう」と元気よく呼びかけました。


そして、交通安全のお守りを貼った手作りのポスターがプレゼントされました。


県警察本部によりますと今年、県内の交通事故による死者は44人で、去年の同じ時期と比べて4人多くなっています。


あすから始まる秋の全国交通安全運動では「高齢運転者の交通事故防止」や「飲酒運転の根絶」など、4つの項目を重点に各地で啓発活動が行われます。