NEWS / 県内ニュース

安比高原スキー場で安全祈願祭

八幡平市の安比高原スキー場で23日ののプレオープンを前に安全祈願祭が行われました。
安全祈願祭にはスキー場や八幡平市の関係者などおよそ110人が参加し、神事で今シーズンの安全を祈りました。
安比高原スキー場は例年12月上旬ごろにオープンしますが、今シーズンは20日ゲレンデ全体で50センチほど雪が積もったことから、23日例年よりも2週間ほど早くプレオープンします。
今シーズンからはリフト券がICカード化され、リフトへの乗車がスムーズになるほか、ゲレンデ内の林の中を滑るツリーランゾーンの広さが60ヘクタールに拡大します。
さらに、昨シーズンから好評の「地元割」も実施され、北東北3県の利用者のリフト5時間券が3900円と大幅に値引きされます。
安比高原スキー場の現在のゲレンデの積雪は山頂で70センチふもとで50センチあり、雪質は多少柔らかいものの滑走に適していて11月としては良い状態だいうことです。