NEWS / 県内ニュース

高速道路の事故対応を訓練

高速道路での交通事故による二次被害を防ごうとネクスコと東北6県の警察が合同で訓練をしました。


この訓練会は、高速道路での交通事故や逆走車を想定し、二次被害を防ぐことを目的に開かれました。


東北6県の警察が合同で訓練するのは今回が初めてです。


きょうは岩手・宮城・青森・秋田の各県の高速隊とネクスコの隊員が事故の状況を変えて4種類の訓練をしました。


はじめに岩手の訓練があり、逆走車をよけた車が路肩の柵に衝突した時に迅速に事故処理をする訓練をしました。


この訓練では、東北各県の警察がどのように事故処理をしているのかをお互いに見ることでそれぞれの活動に役立てるという意味も込められています。


あすは、山形と福島の高速隊の訓練が行われます。