NEWS / 県内ニュース

専門学校生のカクテルコンテスト

専門学校生が考案した色とりどりのオリジナルカクテル。若い感性を生かして自由に作られました。最も優秀だったものはホテルで提供されます。

これはホテル業務での企画や製作、販売を実体験を通して学ぼうと初めて行われたもので、盛岡カッレジオブビジネスのホテルビジネス科の学生12人が参加しました。

ジュースや香り付きのシロップなど20種類以上の原料からオリジナルのノンアルコールカクテルを作ります。

最も優秀だったものはホテルメトロポリタン盛岡NEWWINGで提供されます。

審査はソムリエなど4人が務め、「テーマ性」「実技」など4項目が評価されます。

学生たちはカクテルが提供される季節や客層を分析し、見た目や味、原価率まで考えます。

中には、オレンジジュースとウーロン茶を合わせる一見意外なものまであり若い感性が生きたカクテルがそろいました。

最優秀賞に輝いたのは増子萌菜さんが作ったその名も「春の訪れ」です。

ピーチとクランベリーのジュースにライチのシロップを合わせました。

増子さん考案のカクテル「春の訪れ」は盛岡市内のホテルで来月から3月にかけて提供される予定です。