NEWS / 県内ニュース

吉ヶ沢小学校 閉校式(きょうJ)

140年の歴史に幕を下ろしました。
葛巻町の吉ヶ沢(よしがさわ)小学校で閉校式があり在校生らが学び舎に別れを告げました。
吉ヶ沢(よしがさわ)小学校最後の日。
閉校式には在校生をはじめ、歴代の校長や卒業生らおよそ160人が出席しました。
吉ヶ沢小学校は1878年・明治11年に開校しました。
ピーク時には120人ほどの児童がいましたが今年度はわずか6人。
少子化の影響で小屋瀬(こやせ)小学校と統合されることになりました。
卒業生の一人、東舘チエさんです。
終戦の翌年、1946年に入学し、筆記用具もそろわない中で勉強に励んだと当時を振り返ります。
閉校式では最後の卒業生となった芳田綺華(よしだあやか)さんと在校生5人が学校の歴史を振り返り感謝の言葉を述べました。
式の最後には出席者全員で校歌を歌い学び舎に別れを告げました。
明治の時代から子どもたちを育んできた学び舎は平成の終わりとともに140年の歴史に幕を下ろしました。