NEWS / 県内ニュース

東日本大震災8年・行方不明者の捜索

東日本大震災から11日で8年半です。

沿岸各地では行方不明者の捜索が行われました。

捜索は岩泉・宮古・釜石・大船渡の4つの警察署管内で行われました。

このうち大槌町では釜石署の警察官や県警察学校の学生ら86人が捜索に参加し、熊手やスコップで石や流木をかき分けながら遺留品を探していました。

また宮古市では、警察官が船に乗り込み海の上から水中ドローンなどを使って行方不明者につながる手がかりがないか探していました。

きょうは各地で雨が強まる時間帯があり、午前中で捜索が打ち切りになった所もありました。

県内では今も1113人の行方がわかっていません。