NEWS / 県内ニュース

盛岡八幡宮どんと祭

「送り火」の炎に向かい手を合わせ、今年1年の平穏を願いました。

正月飾りやしめ縄などを焚き上げる小正月の伝統行事「どんと祭」が盛岡八幡宮で行われました。

午前10時から始まった神事には大勢の人が集まり、およそ6メートルの高さまで積まれた正月飾りなどに神職が火を放つと、大きな炎が勢いよく上がりました。

「どんと祭」は正月に家々に訪れた幸福をもたらすとされる「歳神様」を送り火を焚いて神々の国に送る日本古来の神事で、盛岡八幡宮では毎年1月15日に行われています。

送り火は罪穢を焼き尽くすとともに神様のご加護があると言われ、訪れた人たちは今年1年の無病息災や家内安全を願いながら静かに手を合わせていました。

持ち寄られたお札やお正月飾りは3日ほどかけて燃やされるということです。