NEWS / 県内ニュース

盛岡車両センターまつり にぎわう

JRの列車を間近で見たり、鉄道に関わる仕事を体験できるイベントが開かれ、多くの鉄道ファンや親子連れでにぎわいました。


このイベントは、JR東日本盛岡支社が盛岡車両センターを一般開放して鉄道に触れてもらおうと開いたものです。


会場には、震災復興を目的に2014年から走っているSL銀河や、イベント列車など、10種類の車両が展示され、多くの人が記念撮影や試乗をしていました。


また、鉄道の仕事を体験できるコーナーも人気を呼んでいました。


JR東日本盛岡支社によりますと、きょう1日で2000人を超える人が訪れたということです。