NEWS / 県内ニュース

夏の交通事故防止県民運動始まる

夏の交通事故防止県民運動が16日始まり盛岡市でも出発式がありました。
この運動は夏の暑さによる疲れを原因とした重大事故や、夏休み中の子どもたちが関係する交通事故を防ごうと県の交通安全対策協議会が毎年行っています。
16日は県内各地で様々な取り組みが行われこのうち盛岡市でも警察官や交通指導員などおよそ80人が集まり出発式が行われました。
県内の交通事故による死者の数は25人(15日現在)で去年の同じ時期に比べ7人減っています。
しかし、これから迎える夏の行楽シーズンは外出の機会が増えることなどから、例年事故が増える傾向にあるということです。
出発式の後、参加者らはさっそく街中に出てのぼりを掲げ、飲酒運転の防止や早めのライト点灯などを呼びかけました。
夏の交通事故防止県民運動は25日まで行われ、県内の各市町村で街頭啓発活動などが展開されます。