NEWS / 県内ニュース

雫石町で除雪機械の出動式

雫石町で、道路の安全を確保する除雪車の出動式が行われました。

雫石町にある県の除雪ステーションには盛岡広域振興局の職員や除雪車を操作する建設会社の作業員約50人が集まりました。

出動式では作業員の代表が「厳しい冬道の除排雪を作業員全員が一丸となって取り組む」と安全宣言をしました。

作業員らは除雪ドーザーや凍結防止剤を散布する車などの車両に次々に乗り込むとエンジン音を点検した後、パトロールカーに続いて出動しました。

盛岡広域振興局管内では国道106号をはじめ66路線、およそ735キロの区間の除雪を担当しています。

なお、気象台によりますと13日は夕方から内陸で雪が降る予報となっています。