NEWS / 県内ニュース

公立高校入試 調整前志願倍率 発表

公立高校入試の調整前の志願倍率が発表されました。

県立高校の全日制の志願倍率は0.90倍で、4年連続で1倍台を切りました。
県立高校の今年の全日制・定時制を合わせた実質定員は9363人で、志願者数は去年より532人少ない8072人でした。

また、平均志願倍率は、全日制が前の年より0.02ポイント低い0.90倍、定時制は0.01ポイント高い0.21倍となりました。

新年度は、少子化の影響などにより中学校を卒業する生徒が少なく、4年連続で1倍台を切りました。

倍率が1.5倍を超えた学科・コースは1998年以降で初めてありませんでした。

最も倍率が高かったのは、盛岡工業・電子情報科の1.46倍、次いで盛岡農業・動物科学科1.40倍となっています。

<志願倍率詳細は www.iat.co.jp/jch/ でご覧ください>