NEWS / 県内ニュース

「うにしゃぶ」試作品発表会

釜石市で、「うにしゃぶ」と呼ばれる鍋料理の発表会がありました。

地元の新しい名物を目指します。

「うにしゃぶ」は地元の食材を生かした鍋を開発し、観光の活性化につなげようと開発されました。

ウニのスープに白身魚やカキなどの海の幸や野菜をくぐらせて食べるのが特徴です。

「しめ」はアカモクを使った麺で、三陸の海の幸を味わい尽くすことができます。

きょうの試食会には地元の飲食店や宿泊施設の関係者が集まり、ウニの風味を堪能しました。

「うにしゃぶ」はふるさと納税の返礼品になるほか、釜石市内の飲食店でもオリジナルの「うにしゃぶ」が提供される予定だということです。