NEWS / 県内ニュース

県産米おいしく!おにぎり・おにぎらずコンテスト

県産米を主役に作る、見て楽しい・食べておいしいメニューのコンテストが盛岡市で開かれました。
このコンテストは県産米の消費拡大を目的に、県や農業団体などで構成するいわて純情米需要拡大推進協議会が初めて開きました。
「おにぎり」と「おにぎらず」、それぞれ親子・学生・一般の3つの部門で審査されます。
127通の応募の中から一時審査を通過した18の作品が会場に用意され、日本調理師会や料理研究家などの審査員5人が試食しました。
見た目や味に加え、オリジナリティや作りやすさも評価のポイントです。
審査員たちはゆっくりと味わいながら出来ばえを確かめていました。
審査の結果、一般部門では南部せんべいを感じられるパリッと焼き上げられたおにぎりと宮古の海の幸である鮭とはらこをあしらったおにぎらずが最優秀賞に選ばれました。
コンテストに登場したレシピは、HPで公開されるほか、お米の専門店などで配布される予定です。