NEWS / 県内ニュース

浄法寺小学校で校内すもう大会

相撲が盛んな二戸市浄法寺町の小学校で伝統の相撲大会が開かれ子どもたちが日頃の練習の成果を披露しました。
二戸市の浄法寺小学校では相撲を通してスポーツ精神を養い地域に愛着を持ってもらおうと創立当初から全校児童が参加しての相撲大会が行われています。
開会式では児童の代表が「最後まであきらめずに正々堂々戦い抜くことを誓います」と選手宣誓しました。
そのあとさっそく取組が始まり児童たちは日頃の稽古で培った実力を発揮しようと真剣な表情で相撲を取っていました。
中には大人顔負けの白熱した取組もあり、保護者たちからは勝っても負けても両者をたたえ大きな拍手が送られていました。
試合のあとには二戸市出身の力士・和蔵山さんとのふれあいやちゃんこの振る舞いがあり交流を深めていました。