NEWS / 県内ニュース

火元とみられる住民死亡

先月盛岡市市内で起きたマンション火災で、火元とみられる部屋に住んでいた68歳の男性がきのう死亡しました。

この火災では先月31日午後10時ごろ盛岡市茶畑の8階建てマンションの5階を中心に複数の部屋が燃え、入居者7人が病院に搬送されました。

このうち火元の部屋と見られる503号室に住むの松田達夫さんが重度のやけどが負い入院していましたが、きのう午後4時50分に死亡しました。

警察によりますと松田さんの部屋からは数百本のカセットボンベが見つかっていて、火災発生時に周辺ではボンベが爆発したとみられる音が数回聞こえたということです。

警察はマンションの入居者全員に話を聞くなどして、引き続き出火原因などを詳しく調べています。