NEWS / 県内ニュース

新型コロナ感染累計112人に

岩手県と盛岡市は20日新たに20代から70代の15人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

1日当たりとしては最多で県内の累計の感染者数は100人を超え、112人となりました。

新たに感染が確認されたのは盛岡市や住田町、釜石市などに住む男女15人です。

いずれも重症ではないということです。

15人のうち、これまで確認された感染者との接触歴がない人は4人です。

このうち釜石市の20代の夫婦は9日に海外から入国し検疫でのPCR検査では陰性でしたがその後、2週間の自主隔離中に発熱などの症状が出て19日に陽性が確認されました。

一方、集団感染=クラスターが発生した盛岡市の飲食店ヌッフ・デュ・パプ関連では7日に店を利用した住田町の50代男性の感染が新たに分かりました。

また、17日に感染が確認された矢巾町の会社員の男性が勤める職場では同僚やその家族など新たに7人の感染が明らかになっています。