NEWS / 県内ニュース

高齢者ワクチン6月末までに供給見通し

岩手県内の高齢者向けワクチンが、6月末までに全員分供給される見通しとなったことがわかりました。これは達増知事や各市長村長らが出席したオンラインの意見交換会で県の保健福祉部が明らかにしました。それによりますと接種の対象となる県内の高齢者は40万534人で、6月末までに国から供給されるワクチン量が41万5447人分となったということです。これにより県内で対象とされる高齢者全員がワクチンを接種できることになります。また県は、高齢者のワクチン接種について政府が目標に掲げる7月末までに終えられるよう、具体的な実施計画を策定することを各市町村に求めました。