NEWS / 県内ニュース

禁止薬物陽性馬問題「混入」「自然発生」否定できず

岩手競馬の禁止薬物問題で県競馬組合は調査結果をまとめ、「第三者による混入」と「自然発生」いずれの可能性も否定できないと発表しました。岩手競馬では2018年から2019年にかけて12頭の競走馬から禁止薬物「ボルデノン」が検出され断続的に開催を中止しました。県警察本部が捜査しましたが容疑者不詳のまま書類送検し、盛岡地検が不起訴処分としています。会見で県競馬組合は問題の原因について、稲わらを馬が食べたことによる可能性が高いとしたうえで、「第三者による混入」と「自然発生」のいずれも否定できないと説明しました。今後については、稲わらをウッドチップに変えるなどの対策を取ってから禁止薬物の検出がないとして、警備の強化とあわせてこれまでの対応を続けるとしています。