NEWS / 県内ニュース

児童が田植え体験

奥州市の前沢小学校では子どもたちに食べ物の大切さを知ってもらおうと、JA岩手ふるさとと協力して毎年、田植え体験を行っています。5年生の児童たちが植えたのは「金色の風」の苗10アール分。はじめは慣れない泥の感触に苦戦しながらも、一つひとつ丁寧に植えていました。秋には実った稲を収穫し、精米されたコメが児童たちに送られるということです。