ANNOUNCER / ブログ詳細

PROFILE

伊波伴准

伊波伴准

いは ともちか

  • 名前 伊波 伴准(いは ともちか)
  • 誕生日 10月22日
  • 入社年月日 1996年6月1日
  • 出身地 沖縄県中頭郡西原町
  • 出身校 琉球大学教育学部附属中学校→沖縄尚学高校→國學院大學
  • 趣味 歌うこと。なるべく歌いたい。
  • 特技 自己流のピアノアレンジ(全て耳コピー)。声帯模写(乗り物の放送など)、小中高と吹奏楽部(チューバ)
  • 好きな言葉 人間は、自分が価値があると信じた仕事に全力を挙げて投入すべきであり、ただそうすることだけに価値がある(井上靖)。私の尊敬する春日美奈子さん(フリーアナウンサー)のうけうりです。
  • 好きな食べ物 めんたいこ、冷麺、沖縄そば、などたくさん。
  • 過去のサイト
    2016年3月以前のブログはこちら 
    2010年5月以前のブログはこちら

MESSAGE

時代はデジタルに変わっても、岩手が大好きという根本はアナログ時代から変わりません。テレビで、インターネットで、IATのアナウンサーをお楽しみください!

ir_iha

広まっていく言葉

言葉は、時代によって使い方や意味が変わってきます。

FIFAワールドカップで日本が初戦に勝利。

その活躍を伝えるニュースでは「半端ない」という言葉を何度も見ます。一種の流行です。

正確には「中途半端ではないくらいにしっかりしている」ということだと思いますが

伝わってきた言葉が「パねえ」ではなく良かったなあと感じています。

 

日々、オンエアの裏側では、表現方法やアクセントなどで悩むことが多くあります。

最近では「免れる」は「まぬかれる」か「まぬがれる」か、という問いが社内でありました。

正しくは「まぬかれる」だと思いますが、いろいろ調べてみると「どちらでも良い」になっています。

 

また、6月22日に宮古市と北海道・室蘭市を結ぶフェリーが就航しますが、

このニュースでは「甲板」をどう読むのか、という質問を社内で受けました。

「甲板」だと「かんぱん」

「甲板員」だと「こうはんいん」です。

 

日々、日本語は難しいなあと感じながら、毎日オンエアに裏側で携わっています。

 

※なおきょうのJチャンいわてでは、

 照井七瀬アナウンサーが取材した、フェリー就航に関する特集や、

 きのう宮古から室蘭に向けて実施されたフェリーの習熟航海の様子を鶴巻幸宏記者のリポートで

 お伝えします。